左官ロボ

大成建設さんが、プレスリリースで、左官ロボを発表しました。遠隔操作で、コンクリート床の仕上げを行う機械です。

2016041401 (1)

 

これは、何を意味しているかというと、左官の熟練工の高齢化と、少子化に伴う職人不足です。

今後は、様々な分野で、職人不足が懸念されます。

十五年というサイクルで見たとき、労働人口(働ける世代)は、15%以上減る事が予想されます。

大きな企業は、こうした人材不足に、すでに対応しつつあります。しかし、中小企業は、人材確保に必死になる時代の到来が待っています。特に、地方では、この傾向が謙虚にあらわれるでしょう。

仕事があっても、働く人がいない。日本の経済の縮小は、今のままでは、避けられない状況です。

ロボット化が進んでも、重要な部分は、やはり人の力が必要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)