ちょっと驚きです。

厚生年金は、会社と社員の労使折半(社員の年金の積立を会社が半分支払う制度)の為、悪質な会社は経費削減のために雇用している社員を、実際には社員なのに一人親方(個人の事業主)という言い訳をして、厚生年金に加入させないことがよくあります。特に、建設業と運送業…。

などと思っていたのですが、下記のニュースを見ると、廃棄物処理業も…。正直、ショックです。同業者としては、恥ずかしい…。

本来、一般廃棄物の委託基準には、業務を遂行するにたる経験と技術が必要です。これは、物(機材)と人(人材)の両方が必要となっております。なので、本来ならば、こんなレベルの会社は、都の仕事を委託しちゃいけないですね。

ちなみに、便利屋さんとリフォーム屋さんも厚生年金に加入していないことが多いです…。

 

朝日ニュースより、抜粋

従業員に資格があるのに事業所が厚生年金に入れていない「加入逃れ」が政府の想定以上に広がっている。厚生労働省は未加入者を約200万人と推計して事業所の調査に乗り出したが、対象に含まれない建設作業員やごみ収集員の一部も未加入なことが朝日新聞の調べでわかった。

従業員5人以上の個人事業所は厚生年金に加入する義務がある。だが、建設業者の中には雇っている作業員を「一人親方」として仕事を外注している実態が判明。厚生年金の保険料負担を避ける狙いで、こうした作業員は保険料が全額自己負担の国民年金に入る。一人親方は2015年度で全国に約60万人おり、加入逃れのため装われたケースも少なくないとみられる。

東京23区の日雇いのごみ収集員(2千~3千人)のほとんども厚生年金に未加入だ。同じ業者に1カ月以上続けて雇われれば厚生年金の加入条件を満たすが、委託業者の一部は違法に加入を避けている。

厚労省年金局事業管理課は調査対象から漏れていることを認め、「実態が把握できれば適切に対応したい」とコメント。把握できていない加入逃れは、ほかの業界にも広がりそうだ。

厚生年金は平均的な収入の人で毎月約3万9千円(雇い主も同額)の保険料を40年間払うと、月約15万6500円を受け取れる。一方、国民年金は月約1万6千円の保険料で、受給額は満額でも月約6万5千円。厚生年金の「加入逃れ」は、将来的に低年金者を増やすことになる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)