古いブロック塀

RIMG1159RIMG1177RIMG1222RIMG1316

 

震災を機に、地震の際に倒壊し人命に被害を及ぼす恐れがあるブロック塀の解体や、調査のご依頼を現在たくさんうけております。

緊急の案件が多く現場を後にするのは、暗い時間になってしまうくらい・・・。現在、忙しいです。

RIMG1270

 

震災時に危険が高いブロック塀から解体を迅速に解体を行っております。そして、わかった事が・・・・・。

とても、構造的に惰弱であり、地震が来た時に、ほぼ倒れてしまうことが予想できる躯体がほとんどでした・・・。

RIMG1272

また、検知器で調べた鉄筋の配筋状況についても、古いブロック塀は、適切な位置に鉄筋が入っていない物ばかりです・・・。

震災時に、少しでも、被害が少なくなるように、危険そうなブロック塀は早めに調査や解体をすることをおすすめします。

流されないもの

西日本を襲った豪雨は、多くの物を、流して行きました。

人の命、建物、橋、道路、そして残された人の涙。

多くの物が、自然の猛威にさらされて、流されてしまいました。

そんな状況のなかで、流されないもの。

流されてはいけないもの。

それは、人と人とのつながりです。

今回の豪雨は、激甚災害にも指定される程の国を揺るがす大きな被害をおよぼしています。

それにも、かかわらず、何か違和感を感じます。

マスメディアが今回の大災害を大きく取り上げていない気がします…。そして、災害の現実が影をひそめ、被災地に対する、関心が薄れていきます。とても怖いことです。

まるで、日本という国の人と人とのつながり、団結する事を、故意に妨げているように思えてきます。

災害は、発生したら終わりではありません。復興が必要です。

被災地に対し何が自分にできるのか?そして、この地域で同じような災害が起きた時にそなえ、災害にあっても壊されない人と人とのつながりを今から強固にしなければなりません。

何もする事が、できない私が、このような偉そうな事を書いてしまい申し訳ありません。

しかし、とても危機感を持っています。これからの将来そして現在、人と人のつながりが大切な時だと私は感じております。

 

 

何もできることがない…。

このたびの豪雨災害により、お亡くなりになられました方々のご冥福を心よりお祈りいたしますとともに、被害を受けられました地域の皆様にお見舞いを申しあげます。

一日も早い復旧を心よりお祈りいたします。

 

大地震や豪雨など自然現象は人の力でくい止められません…。人の力では何もできません…。

 

 

しかし、災害による被害は自分たちの日頃の努力によって減らすことができる可能性があります。

自分の身は自分で守る「自助」、地域や身近にいる人同士が助け合う「共助」こそが、災害による被害を少なくするための大きな力となります。ただし、身の回りの人を助けるには、まず自分が無事でなければならず、「自助」あっての「共助」です。

ふだん、できていないことを災害時に行うことはできません。平時から、「自分でできること」「家族でできること」「ご近所と力を合わせてできること」などについて考え、災害に備えておくことが大切です。

普段からの地域のつながりが大切です。

過去の震災で家の下敷きになった人々の多くを救出したり、水害で取り残された人を助けたのは、家族や近所の人たち。大規模災害時の救助や避難などには、隣近所同士の助け合いがかかせません。自分のまちの危険な所を知っておく、近所づきあいやお年寄りへの声かけなど、ふだんからの心配りがいざという時に力を発揮します。

上記の文章は、国の防災情報ページから抜粋させていただきました。

最近、この地域は、真清田神社のご加護もあり、重大な被害を及ぼすような災害は起きておりません。しかし、明日は、我が身です。

災害は、時と場所を選びません。

あなたの大切な人の命を奪う恐れがあるのが災害です。

自然の力に人の力では、何もできることがありません。しかし、普段からの行動で、被害を少なくする事ができ、大切な人の命を守る事ができるかも知れません。

空き家の対策

これから大きな社会問題となる空き家の対策。

地域の皆様が安心して相談できる窓口になりたいという思いがあります。

この度、一宮市の空き家対策として、空き家情報冊子の作成に協賛させていただきました。

一宮市の空き家対策のホームページにて、PDF版が配布されております。

下記がダイレクトリンクになります。

一宮市空き家情報冊子

下記が弊社の広告です。

Screenshot_2018-07-06-05-43-00_1

 

 

 

これから、空き家は本当に増えて行きます。空き家だけでなく、空き地も同様です。

弊社では、空き家の剪定や除草、家財の処分、遺品整理、リフォーム工事、木造家屋の解体を直接施工で実施できます。また、空き家の売却等については、提携をしております不動産業者様をご紹介させていただきます。

スクラップ & ビルド

スクラップ&ビルド

古い物を廃棄し新しい物を作る。

これは、自然の摂理とも言え、老人が寿命を終え、新しい生命が誕生する、老朽化が進んだ物を壊し新しい物を作る。背景には時が流れ時代が変化するからです。

日本が深刻なことは、これからの時代が、少子高齢化になるという事です。

言い方が悪いですが、私も含めて、20年先には、老朽化します。老朽化した物を、新しい物に変えようとしても、その絶対数が足らないのです。少子高齢化により、スクラップ&ビルドができず、企業も含め社会が老朽化してしまいます。

会社を構成している社員の年齢の平均値はこれからどんどんと高くなって行きます。少子高齢化により若手の社員のパイが少なくなるからです。

大企業には若手社員を雇用できるブランド力がありますが、中小企業には残念な事に、新卒社員を雇用できるブランド力がありません…。

中小企業と大企業には、どんどんと差が付きます。

日本は中小企業が多く、日本を支えているのは、中小企業とも言われております。※日本の企業の99%以上が中小企業です。この中小企業で働く人は70%程です。

が、その中小企業に若い人が入らず、老朽化していき体力を失ったら…。

中小企業がスクラップされます。

スクラップされた後に同じような新たな企業がビルドされればよいのですが、そうではなく、スクラップの数が増え続けます。

中小企業の多くがこれから人手不足という大きな問題を抱える事になります。

現在は、働く人を増やす為に、高齢者を雇い、女性の社会進出を促したりして、労働力の不足をかろじて補っていますが、これが、もうすぐ補えなくなります。団塊世代が本当に超高齢者となった時に、一気に破綻します。2025年あたりからです。残された時間は後、7年しかありません…。

中小企業がスクラップするという事は、日本の経済が傾くという事です…。

目先の改革で、成人年齢を18歳からにして、消費を促したり、労働人口を増やしたりしても、短期サイクルで、2、3年しか効果がありません。

日本の将来、中小企業の将来がスクラップとならないように、これからの7年が勝負どころです。

残念な事に、今日も、えっと驚くところが経営的に危ないと耳にしました…。

厳しい時代を迎えます。私にできる事は、自社がスクラップしないように、ない頭を常にフル回転させ、雇用を守り、地域の環境衛生保全の為に会社を安定経営していく事です。

 

 

滅多な事では、怒りません…。

正直、損をしてるなと思う事があります…。

私、見た目が、正直、悪いです…。

だから、こわいとかキレるというイメージをお持ちの方も正直お見えになります。

が、仏のタツヤと自分で思うくらい優しいです。

ただ、さすがの私も鬼みたいになる事があります。

大切な物を傷つけられた時は、鬼になりますよ。

当たり前の事です。

大切な物を傷つけられて、黙って指を咥えてる男ではありません。

善悪ではなく、正否ではなく、好き嫌いです。

私は、仲間が好きです。

その仲間を傷つける奴は絶対に許しません。

明らかに仲間が正しくなければ、その仲間を自分の手で社会に落とし前をつけさせます。

しかし、グレーゾーン。どちらが正しいか見方によって変わるような場合、私は仲間を守ります。

私にとって大切な物は、①家族②会社③自分④友人⑤社員⑥お客様です。

お客様であっても、社員、そして、私の家族を傷つけた場合は、私は牙をむき出しにします。

実は、今日、些細な事があり、大きな会社に苦情を述べました。

正直、悪いのはこちら側かも知れません…。

けど、大切な人が泣いてれば、私は、大切な人を守る男でなければ、男として生まれた意味すらないと思います。

大義がどちらにあるか?よりも、守りたい人を守る方が私は大切な気がします。

守るべき物の順序は、もちろん大切ですがね。

 

 

 

大切な人がいて、仕事があります。そして、仕事があって大切な人を養えます。全ては繋がっています。

 

サルチネス

古谷実さんという漫画家さん。皆さん知っていますか?

私くらいの年齢の方だと、「行け!!稲中卓球部」という漫画を見たことあるかなと思います。

正直に、言いますが、品の無い漫画です…。

けど、結構、人間の本質等をついた作品を後にたくさん書いています。下品ですが…。

私は、古谷実さんの作品大好きです。漫画だと他には、漫☆画太郎さん。東本昌平さん。が大好きですね。

その、古谷実さんの作品にサルチネスという漫画があります。

その漫画も、とてもくだらないのですが、最終話で号泣しました。

そして、今…。

sketch-1530442156140

 

Screenshot_2018-07-01-19-37-40_1

 

とても、嬉しいです。

 

頑張ります。

この前の関西の地震では、非常に残念な事に、建築基準法に適合しないブロック塀が小学生の女の子の命を奪いました…。

事故の影響で、全国的にブロック塀の調査が始まりました。

弊社も解体工事をしておりますので、ブロック塀の解体や、解体後のフェンスへの変更工事を官民問わず、多くのご依頼を現在うけております。

可能な限り、すべての工事を迅速に対応するべきなのですが、解体作業チームは重機や運搬具の関係もあり2班編成が限界です。

ブロック塀解体工事に対する弊社の考え方は、まずは、不特定多数の方が利用する公共施設のブロック塀を優先的に解体を入らせていただきます。次に、老朽化が著しく、人の往来が多い道路に面しているブロック塀や、通学路のブロック塀を優先させていただきます。

どうしてもお急ぎの場合は、解体工事の協力業者さんを手配する事になります事をご了承下さい。

よろしくお願い申し上げます。

左へ行くなら、右へ行くぜ。

日本という国が大好きです。

しかし、スポーツ観戦はしません…。

今、毎日、スポーツの話題ばかりです…。

正直、興味のない人間もおります。

興味がないと言うより、他にもっと楽しい事があるといった方が良いです。

私にとってスポーツを観戦する時間は自分にとって楽しいと思う時間ではありません。スポーツ観戦する時間より、バイク乗ったり、ギター弾いたり、本を読んだり、子供と遊んだり、といった他にもっと楽しい事があるからです。

と言うわけで、スポーツ観戦には、関心がありません…。

と言うと、非常に、バッシングを受けます…。

けど、私は、みんなが左に行くなら右に行き、右に行くなら俺はやらん!という性分です。

みんなと同じじゃ、つまらない。異端児なのです。

それより、今、興味があるのは、地震です。地震のメカニズムを解析すると、大きな地震が起こる前兆として、そこから離れた場所でプレートに歪みが入り前震が起こるそうです。確かに、当たり前の事ですね。

板の中心を折り曲げようとしたとき

_____________/\____________

中心から少し離れたところにも、角が生じるわけです。中心部分の角度が大きくなればなるほど、同じく、中心から少し離れたところと直線部分の角度もきつくなります。

直線部分との接合部にストレスがかかり前震が起こるのです。

ここ近年、関西、東北、九州、関西と大きな地震が起きていますが、その地震が全て前震だとしたら、もっと大きな本震を東海または西関東、東関西を襲います。

そして、恐ろしい事は、この地震の発生から2年以内に富士山が噴火する可能性が非常に高いという事です。

知識を得れば得るほど、いつ本震が私が住んでいるこの地域を襲うのかと不安になります。

間違いであってほしいです。が、南海トラフ地震は必ず起きます。歴史のサイクルで明らかなのです。100年から150年周期で南海トラフ地震は起きています。

あとは、いつ起こるかという事です。地震は、明日起きますと明確にわかるわけではありません…。だからこそ、地震に常に備える必要があります。

 

激動の時代

出光と昭和シェルが、本格的に統合に向かうようです。

本来であれば、ライバルである両者が、手を結ぶ…。

これは、将来が想像できているからこそ、歯を食いしばってできる行動です。

日本の社会構造、そして、自動車のハイブリッド化やEV化の影響でしょうか?

目先の行動ではなく、5年スパン、10年スパンで、将来を予測したとき、同業のライバルであった会社と手を組んで共闘しなければならない社会構造が予想できているのが、大手企業のすごいところだと思います。

石油を安定供給するという使命を考えると、少なくなるパイを取り合うより、手を組み、使命を果たす事が大切な気がします。

これから、日本は、海外から人を迎え入れない限り、急激な労働人口の減少時代を迎えます。

どの分野においても、少なくなるパイを、価格競争などで取り合いし、自社と競争相手が共に疲弊して、本来の社会的使命を放棄するような事があってなりません。

日本においては、これから、営利よりも、社会にとってなくてはならない会社しか生き残れない時代が到来する気がします。

とても難しい激動の時代だと思います。

社員と家族の生活、そして、地域の環境衛生を保つためには、自我を殺してでも、社会から見てより良い選択をしなければならない…。

我慢も必要です。

難しい時代ですね。