11月19日

11月19日は、国連が定めた「世界トイレの日」らしいです…。

そんな日があるんですね。

インドでは、下水管の清掃を素手で人力で行っており、年に数百人の人が酸欠で亡くなっているそうです。過去3年間で1300人以上の人が亡くなっているという悲惨な状況です。

マスクも防護服も着ず、素手で下水管にたまった汚物をかき出す事が多いため、「手作業の清掃人」と言われているとのこと…。

年に数百人もの命が失われているのに、あまり改善がされていない事に驚きを感じます。

インドには、ヒンズー教に基づく身分制度カースト制度が非合法化されたものの、まだ、根強く残っています。

その最下層の人が下水管の清掃に携わっておると見られており、人の命が軽んじられているようです。

私も下水や汚水の清掃に携わっているわけですが、たまたま、日本という国でこの仕事についており、インドに比べれば安全な作業環境である事に感謝しなければならないと思いました。

実は、産業労働別に見ると、弊社の業務は清掃業に分類されます。清掃業は、労災事故が多い危険業務です。建設業よりも死亡事故率が多くなりつつあります。

昨日も、ゴミ収集車から積荷の関係で火災が発生しました。作業に従事している社員に怪我がなかったので安心しましたが、過去には、スプレー缶の爆発等で社員がやけどをおってしまうような事もありました。

街を綺麗にするという目的の中で私たちは働いています。

自分で言うのもなんですが、とても大切な仕事であり誇りを持っています。

ただ、残念ながら、廃棄物はいらない物であり、いらない不要となった物に対する廃棄に関するルールは守られておらずズサンであります。

ルールが守られていない結果、街が汚れ、最悪の事態としてその作業に携わる者が事故に巻き込まれる事もあります。

下水管の清掃やごみ収集業務は、無くてはならない業務です。あまりに事故や怪我が多くなると、従事する者がいなくなります。廃棄物の処理がストップする事になれば街の環境はとても悲惨な状態になります。

そんな事を世界トイレの日のインドの事情から考えさせられました。

ちなみに、日本には、昔は士農工商(穢多非人)という身分制度がありましたが、私たちの本来の仕事、し尿の取り扱いは、し尿が肥料として売り買いされていた為、身分のしっかりした者しか、従事できなかったと言われております…。

 

男らしく

40歳を過ぎると、子供の頃より差が広がる気がします。

生活のスタイルというか、今までの生き方が、姿形として現れてくる気がします。

表情、姿勢、衣装、趣味、健康

20歳を過ぎてからの20年で、その人が過ごしてきたものが、体に染み付き、見た目にわかるようになってきます。

男に惚れられる、かっこいい男。

そういった男らしい男。

残念ながら、男らしさを感じる男が最近は少なくなってきた気がします。

昔は、雷親父なんて言葉があったように、日本の父親は怖い存在でした。それが、最近は、父親の尊厳が薄れてきている気がします。

その理由はわかりません。

女性の社会進出が原因とも私は思いません。

欧米の文化が、日本に入ってきたことにより、日本人らしさが薄れてきているからでしょうか?

日本が、敗戦後、経済的に回復していったのは、日本人の真面目で奉仕的な精神によるものだと思います。

日本人の精神がとても素晴らしく様々な分野で活躍し日本を豊かにしてきました。

日本の経済力が衰える理由は、日本人の気質が衰えてきたからと推測できます。

 

 

意外と高額かもしれない趣味

私の趣味の一つに神社巡りがあります。巡ると言っても一日に何か所もまわるのでなく、一か所、今日はここという、決めたところをピンポイントで参拝しに、日曜日の早朝にでかけます。

今朝は、岐阜県垂井町の伊富岐神社に、日本の平和、家内安全、社内安全を感謝してきました。境内には、とても大きなご神木があり、パワーをいただきました。

P_20181111_061246_1

境内には、クマ出没注意の看板が!!

P_20181111_061118

早朝人気のない参拝の為、クマに襲われないかドキドキ気分も味わえました…。
ここで、トラブル発生、小銭入れを忘れてきました…。

P_20181111_061039
賽銭は千円を投入。きっと、良い事があるはず…。
所要時間1時間で神社に参拝をするだけで、高速代往復二千五百円、ハイオクがぶ飲みするアメ車の燃料代二千五百円、お賽銭千円の計六千円を消費しました。

sketch-1541887705581

 

神社参拝は、勝手にお金がかからない趣味だと思っていましたが、改めて計算すると、なかなか贅沢な趣味です。しかも、今回はお賽銭が1000円…。

なんて、帰路で考えながら、ナビの指示に従ってたら、とんでもなく狭い道を…。

P_20181111_062433

きっと、良い事あるのは、これからだな…。

井の中の蛙

今日、会社の土場を私用で利用させていただきました。

会社の土場は、フェンスで囲まれております、ドックランになるなと…。

我が家の愛犬は柴犬が3匹です。

ドックランに行くと柴犬は気性が強い為嫌われます。あと、小型犬からはガウガウ言われます。小型犬からすると小型犬の中では大きめな柴犬の存在は怖いんでしょうね。

というわけで、公園とかのドックランはなかなか行きにくい為、会社の土場を使わせていただきました。

そこに、お散歩中の狼犬が…。

1541849360369

 

我が家の犬のリーダー、虎鉄、今まで自分より強い犬に会った事がなかったのですが…。

初めて、自分よりも明らかに強い犬に遭遇し、普段、自分が小型犬からされるように、自分が狼犬に向かってガウガウしてました…。

正直、私自身も、虎鉄が最強なんて、思ってましたが、狼犬を前にして、虎鉄がチワワとかに見えました…。

弱い犬程よく吠えると言いますが、まさに、そのとおりになりました。普段は吠えられる方なんですがね。

上には上がいると言うことです。

人もそうですが、3流は3流の出会いがほとんどで、その中で上下を競いあっています。3流の中でトップに立っても、2流に入ると一番下です。もちろん、1流とは雲泥の差です。

吠えるだけでは、だめなのです。

吠えるのではなく、噛みつかないと、上には行けません。

口だけで、行動できなければ、上には行けないのです。

人間は、一度、楽を覚えると、そこから簡単に抜け出す事はできません。不思議なことに、上を目指すのではなく、上にいる人を自分より下に引きずり落とそうとします。しかし、上を目指す人はたくさん現れ、結局、追い越されて行きます。

いつまでもぬるま湯に使っていては、あっという間に差は開くのです。

そして、その事は、同じレベル仲間と一緒にいる間は気づきません…。井の中の蛙です。

頭を垂れる

今日の現場で…。

P_20181106_150151

 

ちょっと、不気味なペッパー軍団発見!!

電源入ってないと、みんな同じ角度で、おじぎしてるんですね…。

大変失礼ですが、通勤列車から降りてくるサラリーマンの姿のような感じが…。

背広を着たサラリーマンの姿…。将来的にAIが優れて来ると、仕事がなくなる可能性が高いです。

事務仕事は、あと10年で、AIに置き換わり、あっと合う間に減ります。

会社に、ペッパーみたいなロボットが配置され、社員が帰宅後は上の写真のような充電待機の姿が将来見えるかも知れません。

これから、20年、30年後は、世の中、仕事の仕組みも大きく変わる気がします。

ロボットで置き換えれない仕事でなければ、人を雇用できない時代です。

少子高齢化で労働人口が少ない日本はロボットに置き換わることは良いかもしれません。しかし、ロボットの性能が人間を超えると、人間の存在価値は、猿と同等になりえます…。

高性能なAIロボットの出現により、頭を使う仕事はAIロボットに、ロボットにできない力仕事を人間がするようになります。

人がロボットに使われる時代は、いつか来る気がします。

なんて、妄想を、ペッパー軍団を見て思いました。

 

あっという間だな…。

私は、鞄を持ち歩く事が少なく、現場に出ている事が多い為、ポケットに入る小さなA6サイズ(コピー用紙の4分の1サイズ)のスケジュール帳とメモ帳を愛用しています。ちなみに、百均です。

P_20181031_205334_1

 

P_20181031_212805_1

 

10月始まりのスケジュール帳の為、だいたい今くらいの時期に、スケジュールと大事なメモを転記し翌年に備えます。

正直、この前、新調したばかりなのに…。なんて、思うくらいに1年はあっという間に過ぎます。

辛い事があると、時間が長く感じますが、幸いな事に1年があっという間に過ぎるという事は、辛いと思う時間が少なかったという事だと思います。

もしくは、仕事が忙しすぎて、時間に追われているかの、どちらかです。

実は、スケジュール帳は、ほぼ予備的な存在で、スケジュールはガラホ携帯で管理しています。アラームを設定してないと、油断して忘れてしまうからです。が、携帯で話をしながらスケジュールを確認する場合には、スケジュール帳がないとできません。(私ができないたげで、馴れてる人はできるかも…。)

また、スケジュール帳は日にちのコマ割りがある為、メモを取りにくい為、別にメモ帳を使っています。

私にとって手帳は他人に自慢するような高級感のある物よりも、実用性のある物が大切です。

このA6サイズのスケジュール帳とメモ帳は、かなり使い勝手が良い為、私的にはおすすめです。特に現場で働く人には良いと思いますよ。

 

 

ご迷惑をおかけします。

台風の余波で、業務が繁忙になり、現在、お客様をお待たせしている事が多く、申し訳無く思います。

知っている瓦屋さんや建築鈑金屋さんには、フルで現場をお願いしております。

弊社で、対応が可能な事に関しましても、通常よりも工期が遅れております…。

土日も仕事をしておりましたが、なかなか工期の遅れを取り戻せません…。

仕事が遅れており、お客様には、大変申し訳無く思います。

しかしながら、最近、義理のないお客様に対し、呆れてしまう事があります。

台風後に、とにかく困っているので、緊急で来てくださいとお願いされて、応急処置をした現場が多くあります。通常は、その後、本復旧工事をさせていただく事が多いのですが…。

ほとぼりがすぎると、とにかく安い会社を見つけて、修理を手配するお客様もみえます…。

実は、弊社の台風被害の復旧見積りには、台風後に緊急対応した作業費についても計上されております。

お客様が、選んだ安い会社は弊社より見積りが安いに決まっています…。だって、緊急対応していないわけですら。

と、ちょっぴり寂しい事を聞いたので愚痴ってしまいました。すみません。

困っている時に助けてくださいと言われ、社員はとても忙しいなか、屋根に登り、ブルーシートをかけて養生したり、倒壊した小屋を撤去したり、保険用の写真帳を作ったり、瓦屋さんに見積りを手配したりと夜遅くまで作業をし、休日も作業を致しました。その作業費が見積りには計上されています…。その作業費は、お客様が本工事を選んだ業者には計上されておりません…。弊社を含めて、同じように台風時に緊急対応したのにもか変わらず、本工事の契約に至らない業者がいるようです。これは、正直、残念だなと思います。

残念ですが、弊社も利益があっての会社です。こういったお客様からの仕事のご依頼は次回はお断りさせていただきます。困っている時だけ、早く来いで…。解消したら、はい、さようなら…。それは、ないですよ…。

酸素ボンベ??

昨夜、テレビを見ていて、落ちた犬を井戸の中に救出に行くのに酸素ボンベを…。なんて話を聞きました。

よく、酸素ボンベって耳にしますが…。

消防士さんや、ダイバーが背負っているのは、実は酸素ボンベじゃないんです。

じゃ、何か?というと、

空気ボンベです。

images (2)

 

空気ボンベはネズミ色です。ちなみに、酸素ボンベは黒色です。

人は、呼吸する時に、酸素を取り込むので、酸素ボンベでいいじゃないかと思うかも知れませんが、酸素濃度が濃すぎても、高酸素中毒になってしまうのです。

酸素=空気のイメージがありますが、空気中の酸素濃度は約21%です。空気中で濃度が高いのは窒素で約78%です。残りの1%が二酸化炭素とか他の気体です。

なので、100%の酸素を体に取り入れるのは、普段吸っている空気中の酸素濃度よりも濃すぎるので良くないのです。肺の病気で酸素がうまく取り込めないようなときに酸素ボンベは使われますが、無酸素での救助活動等でつかわれるボンベは空気ボンベが正解なのです。

窒素はイメージ的に、窒息を及ぼすガスのイメージがありますが、空気中のほとんどが窒素なんです。ただ、単に空気中の酸素が体に取り込めなかった時に、窒素のみを吸うと死に至る窒息になるよというと事なんです。

ちなみに、火は酸素を必要とします。燃える事により、酸素を消費し、二酸化炭素になります。=酸素は火災をさらに強めるのです。なので、火災時に中の人を助けようと酸素を送ったりしたら火災が強くなり大変な事になります…。

溶接するときに酸素を使うのも、鉄を燃えやすくする為なんです。

酸素は鉄と仲がよく、鉄をサビさせます。酸化です。

密閉された鉄のタンクの中は、酸素が消費されて、酸素濃度が低く酸欠になってしまう事があるくらいです。

と、言うわけで、天の邪鬼な事を書きましたが、弊社のように酸欠の危険があるような槽内作業に携わる者は、こういった知識はちゃんと覚えておかないと、いざというとき事故に繋がります。そういった意味で仕事において経験も大切ですが、知識もないと駄目なのです。

個性の塊

個性の塊

それは、ザ・アメ車!!

今日は、名古屋のふ頭広場で行われていたアメ車のイベントを見に行ってきました。

sketch-1540100074102

 

sketch-1540100232333

 

かっこいいです。

私にとっては、フェラーリやランボルギーニより、アメ車のマッスルカーに憧れます。

嫁さんを連れて行って、ちょっとずつ洗脳して行くのが大切です。

アメ車は、かっこいいです。

ベンツやBMW、ボルボ、アウディ等のヨーロッパ車が入ってくるまでは、日本で買える高級外車は、アメ車でした。キャデラックですね。最近は、ヨーロッパ車に押されてアメ車はあまり見かけませんが、アメ車のデカくてイカツイところが男の乗り物って感じがして大好きです。

アメ車のいいところ、それは、いつまでも輝きがあることです。

街中で良く見かける車は、5年程度で新しい型が出て型遅れになると、飽きがきてしまいます。しかし、その点、アメ車はあまり見ないし、そもそもマイナーなので型遅れとかを気にしなく長く乗れます。

5年周期で国産車やヨーロッパ車を買い替えるよりも、とても経済的な気がします。しかも、目立ちます。

難点は、大排気量だと燃料代と税金が高い事ですかね?

アメ車で、アメリカのロックを聞きながら、窓を開けて風を感じながら走る。きっと、最高な気分になれると思います。

私もいつの日か、嫁さんをなんとか説得してアメ車のマッスルカーを買いたいです。

追越車線

今朝は、三重県津市にある野邊野神社に、日本の平和、家内安全、社内安全を感謝してきました。

P_20181014_065841_1P_20181014_065853_1P_20181014_065716_1

 

高速道路で見かけるのが、やはり、煽り運転。煽り運転とまでもいかないにしても、車間を詰めて、ちょっとフラフラとし、前方を走る車のサイドミラーの視界に入るようにしている車です。

煽り運転、最近、とても問題になっています。

ただ、思うのですが、左側の走行車線ではなく、右側の追越車線を永遠とチンタラ走る車。前に車がいなくても左車線に寄らずにずっと右側の追越車線を走り続ける…。

そりゃ〜、煽られますよ…。もちろん、私が煽るわけではありませんが…。我が物顔で、うんともすんとも左車線による気配がありません…。失礼ですが、女性やファミリーに多い気がします…。

追越車線で自分より速そうだなと思う車が後ろから来たら、走行車線に入り後ろの車に道を譲るのは、当たり前の事です。たとえ、制限速度で走っていても、前が空いていて左に寄れなら、速い車に道を譲るのは、至極当然のことです。

普通列車が駅で停車し、快速電車が追い越して行くのと同じような事です。

煽り運転は、確かにいけないのですが、煽られるような原因を作っている事もある気がします。

左車線走っていて煽られるのは、もう後ろの車が異常者なのでとうしようもないですが…。

なお、ワンボックスですごい勢いでフラフラしながらすごいスピード出してる車…。見ていて怖いです…。たまたま事故らないだけです。制御ができていません…。

高速道路の死亡事故、ほとんどが軽かワンボックスです。

軽はもちろんの事、ワンボックスも、構造状早く走るようには出来ていません。安全性能も低いので、100キロ以上で走る事は、走る棺桶と言わざるを得ません。エンジンの性能がよくなり100キロ以上出ますが、車体が付いていってないので、ちょっとしたきっかけで制御不能となり横転します。そして、死亡事故に繋がります。

ワンボックスや、最近の居住性の高い軽は、車高が高く燃費向上の為に車重が軽い為に、簡単に制御不能となり横転します。

そういった事を理解して、無理せず走行車線を走るようすれば事故もへる気がします。煽られて無用なストレスをためる必要もありません。

追い越し車線は、追い越す為の車線であり、一気に追い抜けるエンジンに余力がある車が利用するべきです。追い越し車線で時間をかけて必死に走行車線の車を追い越すような車は追い越し車線を利用するのは、よほど周りに車がいない時にするべきです。

結局、何が言いたいかと言いますと、譲る心が必要なのです。後ろの車が自分より速けりゃ譲らなきゃ行けないんです。追い越し車線で後ろに車が付くという事は自分の車の方が遅いんですから…。

と、勝手な意見を書きました。とにかく、高速道路は無理をしない安全運転が大切だと思います。