幸せ

幸せは、人によって、違うとは思います。

ただ、私的に、幸せってこういう事かな?と思わされたのは、

100万回生きたねこ

P_20180429_070010_1

 

sketch-1524953233058

 

100万回生きたねこは、絵本です。みなさんも、聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

少し、抜粋して、冒頭と最後に生まれ変わった部分だけ書きますね。

100万回生きたねこ

100万年も、死なない猫がいました。100万回も死んで100万回も生きたのです。
とてもりっぱなトラ猫でした。
100万人の人が、その猫をかわいがり、100万人の人がその猫が死んだ時、泣きました。
しかし、猫は1回も泣きませんでした。
猫が泣くことになるのは、野良猫になった時の事です。
ある時、猫は誰の猫でもありませんでした。野良猫になったのです。
猫は初めて自分の猫になりました。猫は自分が大好きでした。
100万回生きた猫は、とてもりっぱなトラ猫で、みんなお嫁さんになりたがりました。
たった1匹、猫に見向きもしない、白い美しい猫がいました。
猫は白い猫のそばに行き、「俺は、100万回も死んだんだぜ!」と言いました。
白い猫は、「そう」と言うだけでした。
猫は、腹を立てました。自分が大好きでしたから。
次の日も、次の日も、毎日、白い猫のところに行き、同じ事を言いました。
白い猫は、「そう」と言うだけでした。
ある日猫は、「俺は、100万回も…。」と言いかけてやめました。
そして、「そばにいてもいいかい?」と白い猫に訪ねました。
白い猫は、「ええ」と言いました。猫は白い猫のそばにいつまでもいました。
白い猫は、かわいい子猫をたくさん生みました。
猫はもう、「俺は、100万回も」とは、けっして言いませんでした。
猫は、白い猫と、たくさんの子猫を自分よりも好きなくらいでした。
やがて、子猫は大人になってそれぞれどこかに行きました。
「あいつらもりっぱになったな」と猫は満足そうに言いました。
「ええ。」と、白猫は言い、グルグルと優しく喉を鳴らしました。
白い猫は、少しおばあさんになっていました。
ねこは、白い猫と一緒にいつまでも生きていたいなと思いました。
ある日、白い猫は、猫の隣で静かに動かなくなっていました。
猫は、初めて泣きました。夜になり、朝になり、100万回も泣きました。
毎日、泣きました。朝になって、夜になって、ある日のお昼、泣き止みました。
猫は、白い猫の隣で、静かに動かなくなったのです。

 

 

この絵本を読むと、幸せには、人それぞれありますが、家族、仲間といった愛すべき存在が大切で、そこに幸せを見いだせれるかだと思わされます。

幸せな家庭になる事を、お祈りします。おめでとうございます。

P_20180429_173252_1

おしゃれだな〜。

今日は、ポートメッセなごや、エクステリア&ガーデニングフェアを見に行ってきました。

P_20180427_105703

 

P_20180427_110705

 

P_20180427_111316

 

新製品や新しい技術を勉強する事も、大切な事です。

一応、プロなので、お客さんより、知識がなくてはなりません。

それにしても、年々、とてもデザイン性が高くなってきています。

オシャレな物をつくるには、技術も入ります。

なるべくお客様の要望に応えれるように、頑張ります!!

ちなみに、オシャレなエクステリアは、それなりに費用がかかるので、よろしくお願いします。

成長

子犬。

生まれた時

P_20180409_053848_1

P_20180409_045440_1

 

そして、2週間が経ちました。

P_20180422_093649

 

P_20180415_094606_1

 

子どものうちは、自然に成長していきます。母親がいるからです。(※今のところ、犬の場合、父親は何もしてません…。)

大人になってからは、親が常に見ていてくれる事はありません。

大人になってからも、成長し続けるには、自分で考えて行動し、困難を克服することにより、新たな力を手に入れる必要があります。

大人になってから成長をする事は、非常に難しい事です。非常に難しい事なので、これができる人とできない人に差がうまれます。

大人になってからは、自分自身が親となり、自分を育てる必要があります。今の自分を客観視して、親の目線で、自分の行動に対し、指導を自分で行うのです。

さらに、良い方法は、仮に子どもがいるとして、1日の行動を子どもが見ていると仮想します。自分は子どもに見られて恥ずかしくない行動をしているでしょうか?子どもに頑張れと言ってる自分は子どもの見本になるくらい頑張っているでしょうか?

大人になっても、何かにチャレンジしたり、一生懸命になったりし、成長をし続ける人は、とても魅力的だなと思います。

 

うなぎの寝床

海外では、地域によって、住宅不足が深刻な地域があります。

そういった地域で、スピーディーかつ経済的に住宅を建てる目的で、ポッドハウスが注目を浴びています。

日本で言う、スーパーハウス(クレーンで設置する仮設ハウス)みたいな物です。

しかし、その発想が海外らしいので、驚きました。

なんと、コンクリート製の下水管を利用して、ハウスにしちゃったそうです。

Screenshot_2018-04-08-01-12-32_1

 

見た目がオシャレですね。強度もすぐれているそうです。まぁ、下水道管ですからね。それにしても、デカい下水道管です。日本でも大都市だとこれくらいの下水道管があるんでしょうか?

それにしても、こういうめちゃくちゃな発想を海外の人はしちゃうので、恐ろしいです。

日本人だと、作る前に、まわりの反対で挫折しそう…。

Screenshot_2018-04-08-01-12-00_1

 

イメージ図ですが、積み上げるとこんな感じです。工事は1日で完了するとのこと。

強度は、あっても、地震が来たら、転がっていきそうな気がします。

私には、理解できない建築物ですが、彼らなら間違いなく気に入るでしょうね。

20141025aqua10_1

久しぶりの床屋

日曜日、十年ぶりくらいに、床屋に行きました。 若い頃は、バンドのライブでモヒカンにして髪の毛を染め、仕事の為にボウズにするを繰り返してました。

Screenshot_2016-03-20-22-15-28_1(1)

上はその当時の私の写真ですが、モヒカンは、最高にかっこいい髪型だと今でも想います。

実は、この髪型の時、取引先から出入り禁止の命令が出ました…。

今は、髪が薄くなり…。てっぺんに髪がないのでモヒカンは不可能です…。

そんな私ですが、ずっとセルフカットで床屋には久しく行ってませんでした。

しかし、この度、訳あって床屋にいきました。

その理由は、永遠の秘密にしておきます。

で、久しぶりの床屋。髪型のリクエストは、この写真。

Screenshot_2018-04-22-08-59-53_1

 

すごいかっこいいイケメンです。

で、結果はこれ…。

P_20180422_124603_BF

 

床屋さんの技術力で、髪型はモデルと寸分違わずかっこよくなりました。

が、素材の差が…。

髪型が一緒になった事により、素材の差が鮮明にわかります。

なんて、ブサイクなんだ!!

残念というか、非情な事に、ブサイクはブサイクです…。

これは、どうしようもありません。

なので、ブサイクでも、心が綺麗なブサイクになろうと思いました。

 

大杉

今朝は、岐阜県七宗町にある神淵神社に、日本の平和、家内安全、社内安全を感謝してきました。

P_20180422_062013

 

この神社には、国の指定天然記念物になっている御神木の大杉があります。

P_20180422_061724

 

とても立派な御神木でした。こういうパワーを秘めた物は、実際に手を触れなくても、少し離れたところで手をかざすと手のひらが熱くなります。不思議な物ですね。

左の手のひらは、外からの気をを取り入れ、右の手のひらは、自分の体から気を放出します。合掌は、手のひらを合わせる事により、気を循環させて心を落ち着かせる効果があるそうです。

それにしても、今回の参道もかなり狭かった…。山の上にある神社は、ちょっと私の車で行くには不向きかも…。

P_20180422_061100_1

 

 

リスクアセスメント

今日は、普段と同じ手順で作業をしていて、労働災害事故が置きました。

普段と同じ作業で事故が起きると言うことは、作業を行っている社員の責任ではなく、社長の責任です。

ケガをされた社員の方、そして、その社員のご家族方、申し訳ありません。

普段の作業の仕方に危険があった結果、今回、事故が置きました。

これは、私がリスクアセスメントを怠った結果です。

リスクアセスメントとは、普段の作業における危険性を見積もる事です。そして、その危険を少しでも減らす努力をしなくてはなりません。

リスクアセスメントをしっかりと行っていれば、事故が起きてから作業方法を見直すのではなく、未然に防げる可能性が高くなります。

社員の方が痛い思いをしないように、リスクアセスメントをする事も社長の仕事として重要だと改めて実感しました。

タカシ塀

命名、タカシ塀。※この現場に一番多く入ったのは弊社の型枠職人タカシさんだからです。

既存のトラックのプラットフォームが標準より高すぎて、使い勝手が悪いということで、プラットフォームの改修の依頼を受けました。

P_20170915_135742_1

 

P_20170915_135718_1_1

 

最近の通常の大型の荷台の高さより、大幅に高いプラットフォーム。実はとあるホールの舞台搬入口なのですが、このプラットフォームが原因で、呼びたいイベントが機材の舞台搬入不可の為、拒否されている状態でした。

そこで、弊社の出番です。

P_20180407_122112_1

 

P_20180407_122238_1

 

既存の擁壁の一部を解体し、型枠を組んで新たな擁壁をつくり、プラットフォームにスロープを設け延長し作りなおしました。

こちらが完成です。

P_20180409_141520_1

P_20180409_141601_1

 

これで 、呼びたいイベントもできるそうで、お客さんに喜んでいただけました。

お家の外構エクステリア工事だけでなく、このような事業用途の外構エクステリア工事も請け負います。

弊社の強みは、自社施工です。

よくある外構エクステリアの会社さんは、自社に施工能力がないプランニングだけであったり、見積りも自社でできず、下請がいないと見積りすら作成できない会社さんもあります。

事務所が素敵で、営業マンもオシャレな外構エクステリア屋さん、イメージパースまでは良いのですが、下請けにマル投げの施工は、正直…。

建設業者と言っても、中には、下請けばかり使うブローカー会社も存在します。

私の中で、仕事ができるというのは、自社で施工ができて初めて言える言葉だと思います。

というわけで、一宮市内で、外構、エクステリア工事をご検討の際は、自社施工の弊社におまかせください。

 

この人のおかげ

つい先日、お世話になった方の還暦のお祝いをいたしました。

DSC_0573

 

この方、バイク屋さんの店長さんです。私がバイク馬鹿だった時代、ほぼこのバイク屋さんとバイクの解体屋さんばかり行ってました。

普通は、お客さんに工具を貸したりしないのですが、この店長さんは、私を含めて、工具を貸してくれ、さらにアドバイスもくれたりしました。

その、おかげで、当時はカスタムバイクコンテストで優勝した事もありました。それくらいのバイク馬鹿でした。

私が、メカに多少強いのは、このバイクいじりの経験による事が影響しています。なお、遺伝もあるかな。父親は、三菱重工の航空機の整備を主にしていました。とくに得意だったのは、大型ヘリコプターの整備だったそうです。

とにかく、若い時に、好きで時間を惜しんでした経験というのは、仕事に対しても役にたつわけです。

何事も経験ですね。

事故被害額の積算

昨日は、火災による被害額の積算をしていました。

P_20180412_113356

 

P_20180412_113400

 

器具の取替、クリーニング等、総額いくらになるかを見積もります。被害を受けた金額の積算です。

トイレの見積もりの他にによくあるのが、事故により、フェンスが倒れたり、ブロック塀が壊れたりした時の被害額の積算のご依頼が多いです。

被害額の算出の場合は、被害を受けられた方、加害を加えた方が、双方納得できる金額である必要があります。

保険による支払いの場合は、保険業者より、かなりの確実で値引き交渉があります。事故を起こした本人は値引き交渉は嫌らしくて無理なのですが、保険屋さんは持ち出しを減らす為に結構厳しい金額交渉をしてきます。本来の保険の趣旨と離れてしまっている気がします…。

一宮市内でしたら、外構エクステリア(フェンス、ブロック塀)等の事故による被害額の積算にお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

P_20180412_114939_BF

 

そこら中、ススだらけになりました…。