思い通りに行かない時もある。

今朝は、安産祈願に、天白区にある塩竈神社を目的地として早朝ドライブしたわけですが、

P_20180408_053458

 

なんと、早朝は、閉門…。

私がついた時間は5時半…。開門は8時〜…。さすがに待てません。

残念ですが、諦めました。

P_20180408_054029

 

P_20180408_054240

 

同じ山に背中合わせにある、八事神社に、日本の平和、家内安全、社内安全を感謝してきました。

八事神社から、塩竈神社の本殿が見えて、寂しくなりました…。

人生は、順風満帆とは行きません。思い通りに行かない事もあります。

ただ、思い通りに行かない時に、腐るのではなく、頭を切り替えて次の行動に移す必要があります。

腐る。この漢字は、倉の中に切った肉をしまうという成り立ちです。

新鮮な肉体精神が、腐ると言うことは、すなわち死を意味します。

私は、腐っている人は嫌いです。まぁ、当たり前ですね。

腐っている人は、まわりの人まで腐らせるから困った物です。

気持ちの問題なので、思い通りに行かない時に、それを素直な気持ちでとらえ、腐らない人がいいですね。

どちらにせよ、すごいな。

夕方、空に目をやると

P_20180403_181251

 

飛行機が空を飛んでいました。

当たり前に空を飛んでいるわけですが、人は本来、空を飛べる体をしていません。

航空機は、気球、飛行船、グライダー、飛行機、ヘリコプター等があります。

気球の頃は、空を飛ぶだけで、行きたい場所に行けるというわけではありませんでした。飛行船は空気よりも軽い気体を風船にして浮力を得てゆっくり空を飛びました。

そして、飛行機です。

1903年に、ライト兄弟により、飛行機が作られました。

と思っていたのですが、私が習った時代の教科書でもそうでしたし…。

どうやら、違うらしいですね。

グスターヴ・アルビン・ホワイトヘッドというドイツ生まれのアメリカの航空技師が世界初の有人動力飛行に成功したそうです。記録が不十分という批判もありますが、ライト兄弟のより前の1901年8月14日にコネティカット州フェアフィールドで飛行に成功したという説があります。

どうも、ライト兄弟より、こちらのホワイトヘッドの方が飛行機の開発を早く成功したらしく、ライト兄弟も、相談に行ったとの事…。

歴史って、時を経ると変わることもあるんですね。

逆に言うと、歴史を捻じ曲げる事も可能という事です。

残念なことに、最近の新聞やマスコミは、かなり事実と歪曲している、というか、無理矢理、自分たちの都合の良い方に、読者を誘導しようとしている気がします…。

正直、ひどいなと思います。

仮に、新聞を一紙しか読まないと、その一紙の書く内容に洗脳されます。

これは、非常に残念な事です。

新聞は本来であれば中道でなければならないのですが、地元紙も含めて左よりが多い気がします…。

物事の本質は、新聞一紙で判断するのではなく、多くの新聞を読む事により、真実に近づく気がします。

と、話が脱線しましたが、

飛行機を空に飛ばす事を、今から、100年以上前に、チャレンジしたライト兄弟、ホワイトヘッド、どちらもとても偉大だなと思います。

やはり、チャレンジしなければ駄目です。

人は、新しい事にチャレンジする力があります。だから進化してきたわけです。

ただ、同時に人は、あきらめるという心も持っています。

あきらめる人生か、チャレンジする人生か、それによりその人の未来は変わります。

もちろん、チャレンジする事が正解ではない事もあります。

チャレンジには、失敗がついてまわります。その失敗を乗り越える、さらなるチャレンジができる強い力がなければ、ライト兄弟やホワイトヘッドのような偉業を成し遂げる事はできないです。

人口減少を迎え、労働生産性が低くなる日本においては、新しい技術、他に真似出来ない技術が必要になります。

その為にも、失敗を恐れずチャレンジする人が、必要になる気がします。

かっこいい

人、それぞれかっこいいと思う物は違います。

Screenshot_2018-04-02-19-35-04_1

 

Facebookを閲覧していたら、おっ、と思う車が!!

すぐ、気づきました。私の先輩の車です。

私が生まれた時代に近い車なので、楽に30年の月日が過ぎています。

今は、ほとんど見る事がなくなった、日産の330のセドグロです。

ボディラインが最高に美しいです。

年式だけで見るとガラクタなんですが、キレイに維持していると、とても価値があります。

本当に、良いデザインは、時を経ても、かっこいいのです。

それが、旧車の魅力です。神社仏閣のデザインも同じ魅力かも知れません。

最近の車は、5年乗ったらあきてしまうデザインです。

個性のある車は、何年経っても色あせません。

目先の流行りではなく、そういう、永遠に続くかっこよさ。

このデザインが、これからの世の中においては大切です。

今、海外でも日本の旧車が人気があり、すごい値段で売買されております。

現行車より、高い値段で売買されております。

私も、最近の車より、古い車が好きです。

正直、最近の車はかっこいいと思えません…。個性がない…。

新しい車をころころと買い換えるより、一生乗れる車が、かっこいいなと思う、今日この頃です。

 

 

戦国時代

今日は、木曽川の白山神社に、日本の平和、家内安全、社内安全を感謝してきました。

P_20180401_162315_1

 

P_20180401_162429_1

 

この白山神社は、とても歴史が古いそうです。戦国時代に、二度、焼失したと言われております。

戦国時代において、神社も、戦の舞台になったようですね。

現在は、一つの国としてまとまっていますが、実際には、47の都道府県に分かれています。

武力の戦いはありませんが、これからは、人の取り合いという戦いが起きそうです。

急激な人口減少時代を迎えて、各都道府県で人の取り合いが起きるような気がします。

東京以外は、ほとんどの都道府県が、人口が減少する見通しです。

自分たちの住んでいるところだけ良いという考える方では、将来的にトラブルがおきるような気がします。

過疎が進んだ自治体のインフラ整備等、最低限の補助は、人口が減少しても、国が行って行かなければならないです。

愛知県は、まだ、比較的、恵まれているほうです。一宮市も同様です。

我が街だけ助かればいいという考え方では、世の中はうまくまわりません。

人と人の付き合いも同じです。自分さえ良ければ良いという考え方では、短期的にはうまくいっても、長期的には、人から信用を得られずうまくいかない残念な人生になります。

利己主義では、世の中はうまくまわりません。利他主義にまでなる必要はありませんが、愛他主義が人と人のつながりにおいて大切な本質である気がします。

楽しい時

楽しい時は、あっという間に過ぎます。

昨夜、というか今朝といった方が正解かも?

朝まで、仲間と飲みました。

全員、同級生です。楽しい時間でした。

それにしても、久しぶりにたくさん飲みました。私のたくさんは、正直、ケタが違います。

楽しい時間が終わると、厳しい時間が待っており、久しぶりの朝帰りを、優しい嫁さんに、しっかり怒られました…。

Screenshot_2018-03-07-05-24-59_1

飛騨の国一ノ宮水無神社

今朝は、飛騨国の一ノ宮、水無神社に、日本の平和、家内安全、社内安全を感謝してきました。

P_20180325_060612

 

P_20180325_060735

 

P_20180325_061009

 

とても、歴史が古い神社で、その歴史は、神代(紀元前660年以前)とも言われております。

戦時中は、熱田神宮のご神体、草薙剣を一時的に、この神社に避難させたそうです。

草薙剣は、ご神体というだけでなく、我が国の神道の三種の神器の一つです。

三種の神器は、鏡・玉・剣の三つです。

鏡「八咫の鏡☆やたのかがみ」は伊勢神宮のご神体です。玉「八尺瓊勾玉☆やさかにのまがたま」は皇居に奉安されています。剣「草薙剣☆くさなぎのつるぎ(別名※天叢雲☆あまのむらくも)」は熱田神宮のご神体です。

三種の神器、実物は、人の目に触れることはありません。おそれ多い事です。神に等しい歴史ある依代です。

草薙剣ですが、戦後しばらくしてから、宮司と伴に電車で熱田神宮まで、帰られたそうです。馬車とかだと雰囲気あるんですがね…。

ちょっと、最後に?

そういえば、尾張の国一ノ宮、真清田神社のご神体って、何なんでしょう?鏡が飾ってありますが、ホームページ等で検索しても、ご神体についての記載はありません。

もし、知ってる人見えましたら、教えてくださいね。

 

便ぐ所

実は、火曜日の夜から、医者の診断だと胃腸風邪という事で、とにかく腹痛と下痢に悩まされています…。

常に、便意があって、30分に一度以上の割合で、トイレに行ってます…。現在進行形です。

48時間で実際に100回以上トイレに駆け込んでいます。

そんな現在の私を支えてくれるのは、私が不在でも会社を運営してくれる社員の方々、そして、お薬。

忘れてならないのは、

pht_comfort_01_02

pht_comfort_01_03

 

ウォシュレットです。これがなければ、今頃、血だらけです…。

そして、洋風便座。

ウォシュレットは、totoの商品名です。実は、洗浄機能付き便座を最初に開発したのは、アメリカだったそうですが、温度設定等に問題があったようです。totoは、適切な温度設定や水圧等を研究しウォシュレットを開発しました。

ウォシュレット、本当に使い勝手がいいです。ウォシュレットにする為には、洋風便器にする必要があります。この洋風便器も、従来の和風便器に比べて非常に快適です。ただ、長時間座っていても疲れない為、回転率が悪く、公衆トイレには不向きだとも言われております。そうは行っても、時代は洋風トイレです。

最近、高齢者の方がよく、弊社に、和式から洋式へのトイレのリフォームについてお問い合わせがあります。

今の、私なら、洋式トイレ&ウォシュレットの快適さを、すこし強引に営業しちゃいそうです。

便という字は、くつろぐという意味もあり、常用外では、便ぐ(くつろぐ)と使う場合もあるようです。

便所は、便ぐ所(くつろぐ)に、時代の変化とともに変わっていくかも知れません。

首が飛ぶ

今朝は、大垣の御首神社に、日本の平和、家内安全、社内安全を感謝してきました。

P_20180321_060430_1

P_20180321_060627_1

 

この神社の名前、御首はどこから来たかと言いますと、

今から約千年前、平将門は、時の朝廷の政策に憤りを覚え乱を起こした。しかし、平将門は捕えられ首を討たれた。その首は京都に送られさらし首となったが、故郷恋しさのあまり獄門を抜け出し関東へ戻ろうと飛び立った。

この異変を知り、南宮大社では、平将門の首が関東に戻ることにより再び乱の起こることを恐れ祈願したところ、神社に座す隼人神が矢をつがへ東に飛びゆく平将門の首を射落とした。

この首が落ちた地に平将門を神として崇め祀ることによって再びその首が、関東に戻らぬようその怒りを鎮め霊を慰めるために創建されたのが、御首神社と言われております。

このような謂れから、古来より首から上の病気平癒に御利益があるとされ、近年においては学業成就・合格祈願などにも御利益があるそうです。

それにしても、切られた首が飛んでいくなんてすごくないですか?

平将門という人物が、とてもすごい力を持っていたのでしょうね。

神社には、歴史があります。日本という国の良いところは、その歴史でしょうね。

圧倒的な存在

今朝は、岐阜県中津川にある恵那神社に、日本の平和、家内安全、社内安全を感謝してきました。

もう間もなく、目的地に着くというとこで、道路に野生の鹿の群れが。カメラを向けた頃には、もういなくなっており、写真におさめることは残念ながらできず…。

駐車場に到着。

P_20180318_055444_1

 

車がすれ違えない狭い道を登って行くと、駐車場がありました。とてもいい景色です。

第二鳥居にかけられているしめ縄は、頭を下げなければ通れません。

P_20180318_055557_1

 

もともと鳥居は、神様の領域との境界なので、本来はくぐる時に頭を下げ挨拶をします。帰る時も、頭を下げて挨拶をします。また、参道の中央は神様の通り道なので、人は中央を通ってはなりません。神社前にある太鼓橋も、神様の通り道であって、人はその脇を歩くのが本来です。

今回、圧倒的な存在感、パワーをいただいたのは、夫婦杉の御神木です。

P_20180318_060156_1

 

本当に、圧倒されます。

とても素晴らしい朝になりました。早起きして良かったです。

恵那神社は、天照大神の胞衣(えな へその緒のこと)を納めた地であり、かつては恵那山自体が御神体だったそうです。

タロウベイ

フェンスの設置工事をしました。

既存の垣根を伐採撤去し、フェンスを設置しました。

1_1_1

 

垣根でも良いのですが、夏になると、ハチが巣を作り、近くを通る人が刺されるそうです。

そこで、垣根を伐採し、フェンスを設置する事になりました。

2_1

 

今回、この現場で、頑張ったのは、タロウさんという社員です。※もちろん、他の社員の皆さんも頑張ってます。

と言う事で、私の中では、このフェンスを「タロウベイ」と命名しました。

実は、タロウベイの完成した最終日、肝心のタロウ先輩は現場におりませんでした。

なので、あえてタロウ先輩の名前を勝手に付けました。

自分の携わった物が、世に残るという事は、誇れる事だと思います。

なので、ここでは、タロウベイと記載しておりますが、私は、社外の人には、タツヤベイと言います。

タロウ先輩には、申し訳ないですが、私が社外で営業する時は、このフェンスは、私の作品、タツヤベイとなります。

一宮市内での、伐採、外構工事は、一宮中部衛生におまかせください。