トイレのつまり(詰まり)一宮市内

一宮市内での、トイレのつまりは実績豊富な、一宮中部衛生におまかせください。

トイレのつまりは、ほとんどの場合、トイレットペーパーの流しすぎによるものです。トイレットペーパーの流しすぎの場合は、ホームセンターなどで販売しているラバーカップ(通称すっぽん)で、簡単になおることが多いです。

pht_02_1_02pht_02_1_03

 

 

ラバーカップを使われる際の注意点は、押すのではなく引く!!

ラバーカップを便器の排水部にゆっくり押しつけて、引くときに少し力をいれて、グッと引いてください。その際に、汚水が跳ね出しやすいので、写真のようにビニール袋に穴をあけてラバーカップを使うと多少汚水の跳ね出しを防げます。なお、ラバーカップを使う際は、水をためて行わないと効果はありません。

ラバーカップを押して使うと、さらに、つまり方がひどくなることがあります。ご注意ください。

totoさんのサイトがわかりやすいので、参考にしてみてはどうでしょう?

totoさんのサイト

この他のつまりでよくあるのは、流せるタイプのトイレふきとりペーパーや、オムツなどが比較的多いです。流せるがうたい文句なのですが、水に溶けないし、便器にピタッと張り付いてしまい、つまりやすいので、流せるふきとりペーパーは流さない方が良いですよ。

その他、異物を誤って流してしまった場合、ボールペン、携帯、カギ、時計などがよくあります。この場合は、洋式の場合は、便器を外して、異物を取り除き、再度、取り付けます。和式の場合は、残念ながら、ほとんどが治らないため、便器を割ってとらなければなりません。

また、頻繁につまる時は、排水管や排水枡に不具合があることも考えられます。

一宮中部衛生は、簡単なつまり〜便器のとりかえ、配管修理まで、一宮市内でしたら、対応します。もちろん、一宮市の指定工事店ですよ。

一宮市内では、おそらく、実績、技術、機材、ナンバー1だという、自信があります。トイレのつまりは、一宮中部衛生におまかせください。

つまりは、いろいろなパターンがあり金額は明記できませんが、ご依頼いただいたお客様には、安くて良かったと良く言われます。

ただ、申し訳ないですが、365日、24時間営業はしておりません。ご不便をおかけします。