基準を守る

昨日、大きな地震がありました。被害にあわれた皆様のご冥福をお祈り申し上げます。

プールサイドのブロック塀が倒壊して、小学生が被害にあいました…。

とても残念な事です。

倒壊したブロック塀を見たとき、愕然としました。

公共施設で、あのような建築基準に違反する物があるとは…。

外構工事(エクステリア)は、デザイン等を重視して、安全性を無視した構造をしている場合を多々見かけます。

ブロック塀はもともとあまり強度はありません…。その為、地面から高さ2.2メートルまでと決まっています。事故が合ったプールのブロック塀は、道路側からは3メートル超となる構造です。ただ、プール側を地面とすると1.6メートルなので問題ないといえば…。ただ、ブロック塀は6段以上積む場合、控え壁を設ける必要があります。高さ1.2メートルを超えるブロック塀には、長さ3.4メートル以内に控え壁を設ける事になっています。

gb_02_06_1

 

この控え壁は絶対にブロック塀において、省いてはいけない構造です。地震や風からブロックの転倒を防ぐ為に必要な構造です。

残念な事に、この控え壁が、今回の倒壊したプールのブロック塀には無いように見えます…。

仮に、発注者からの仕様書に省略されていたとしても、業者が危険性を指摘しなけれべならない気がします。

今回のプールのブロック塀ですが、あくまでも私の推測です。建築当初は、フェンスだったと思います。子供たちの水着姿を見えないように、目隠しの為に道路面のみフェンスからブロック塀に変更したのではないでしょうか?プールサイドに控え壁を設けると、子供たちが遊びに夢中になり、ぶつかって怪我をする恐れがある為、控え壁を省略したように思われます。

こういった、子供たちの為の工事は、親からの要望による事が多く、学校を管理する行政による工事ではなく、PTAが自費で行っている事が多くあります。

行政が行う工事であれば、建築基準を考慮しますが、PTAによる場合は、費用を重視して、建築基準を無視してしまう事がありがちです…。

とにかく、外構工事においても、基準を無視した構造は、とても危険だという事です。

外構工事(エクステリア)を行う会社のほとんどは、自社施工ではなく、下請けに丸投げするデザイン重視の設計士が非常に多いです。建設業の許可もない会社ばかりです…。

今回のような事故がないように、外構工事も最低限の基準を守った構造にする必要があります。外構も建築物の一つであり、その構造は堅固でなければなりません。特に、ブロック塀のような重量がある構造物は、倒壊した時に大事故になる危険が高いので、基準を守った構造にする必要があります。

自社においても、改めて、注意が必要だと思いました。安全第一です。

しめ縄

今朝は、多治見の本土神社に、日本の平和、家内安全、社内安全を感謝してきました。

P_20180617_052157_1_1

 

ここのしめ縄は、とても立派です。

P_20180617_052335_1_1

 

前の、つぶやきでしめ縄について書きましたが、しめ縄の太い縄の部分は雲、細く下がっている藁の部分は雨、紙垂は雷を表し、鈴は雷鳴です。豊かな実りを祈っています。

雲は雨を降らせ、雷は空気中の窒素を分解し雨が空気中の窒素を土地に流し込む。窒素は土の栄養分となり豊作につながる。だから豊作祈願として神社にしめ縄を奉納するのだと説があります。

私は、勝手にこの節が腑に落ちるなと思い、しめ縄の事を書きます。

しめ縄の内側は、神の占める場所でもあり神聖な場所です。

神社に行くと、背筋が伸び、気が引き締まるので、日曜日の早朝は、だいたい神社に行きます。

そうすることにより、普段から、悪い事が出ないようになります。

日本全国に神社はある為、神社めぐりは一生楽しめそうです。

平和が達成される

国の内外、天地とも平和が達成される

平成の意味です。

世界のニュースは、そして、日本のニュースは明るい物から暗い物まで、様々です。

日本において、無差別殺人や、児童虐待など、以前はあり得なかった事件が増えている気がします。

平成の世も、残すところあとわずかとなりました。

平成を振り返ると、大規模な災害が多かった気がします。

阪神淡路大震災、新潟中越地震、東日本大震災、熊本地震等、大きな災害がありました。

残念な事に東日本大震災においては、その大きな爪痕は、まだ残っています。

平成の世に限らず、世の中は人によって平和か混沌であるかは、正直、運しだいな気がします。

人の人生は生まれた時から、生まれ出た場所が、それぞれ違います。スタート地点で、差が生じます。

日本という国に生まれた事が、とても恵まれている気がしますが、日本国内においても、悪いニュースが多く心が痛む事があります。

日本という国の、他の国との大きな違いは、宗教です。本来は、イスラム教、キリスト教でもなく、仏教でもなく、日本神道が日本人の宗教です。神道の祭儀が行われる場所が神社です。

神社には、参道があります。参道の先には、しめ縄があり、紙垂があり、そして神体である鏡があります。

しめ縄は雲であり、紙垂は稲妻であり、自然を表しています。

参道は産道であり、神社にお参りするという事は、生まれたところ、母親の体内に戻るという事です。

母親の体内にいる時は、皆、同じです。格差はありません。まだ、外の世界を知りません。我(が)がないのです。

神社のご神体である鏡(かがみ)に写る物から、自分の姿、我(が)を取り払った時、そこに写るのは自然です。「かがみ」から「が」を取った時、そこにあるのは「かみ」神です。

人は、自分本位の我を亡くせば神になります。逆に言えば、自分本位の考えは悪であり邪であると言えるのです。

日本の神道の考え方は、とてもスマートでシンプルです。

日本人には、自分本位ではなく、自他共栄であり、助け合いができる美しい心があります。

平成の世にあって、災害の爪痕で傷ついている人をはじめ、心や体に傷をおっている人の存在を忘れてはなりません。

昭和天皇は、戦後、傷ついた国土と国民を勇気づける為に全国を巡礼されました。そして、平成天皇は、最後の全国植樹祭にて、福島を訪れました。天皇という存在は、日本人にとってとても大きな存在だと改めて感じました。

平成の世が終わります。日本はこれから少子高齢化により人口激減という大きな問題に向き合わねばなりません。

多くの異国の人が、日本を支える労働力として来日されるでしょう。その時に、日本人は日本人の本来の心、自他共栄を大切にしなければ、不足な事態が起きる気がいたします。

昭和25年から毎年続いている全国植樹祭、国土緑化事業、国の自然を守る大きな意味で天皇がご臨席される、重要な催事です。

来年、新天皇の新しい世において、一番最初の全国植樹祭の開催地は、偶然にも愛知県です。

東海地区、愛知は地理的に、日本の中心に位置しており、交通の要所です。そして、尾張国の一の宮が一宮市です。

新しい時代において、一宮市が、自己本位ではなく、自他共栄の優しい心を持つ人が増えるといいですね。

 

仲間入り

私がメガネ好きな事は、仲の良い人ならご存知かと思います。

勘違いされるといけませんので、メガネをかけている女性が好きというわけではないですよ。

メガネが、好きなのです。

メガネって、私にとっては顔の一部、その顔の一部だから、こだわります。

皆さんは、レイバンのサングラスといえば、ティアドロップ型のアビエーターと言われるモデルをご存知でしょうか?

飛行機乗りの眼球を紫外線、寒さから守る為に開発された、眼球全体を覆う形のメガネです。

このメガネ、かけるのに、とても勇気がいるデザインですが、完成されたデザインでとてもかっこいいなと思います。

何十年も前に開発されて、今も愛されるデザイン。良い物は、年月を経ても良いのです。

これからは、デザインの時代がやってきます。しかし、真新しいデザインよりも、古い物の方が改めて見てみると洗練された完成されたデザインであったりする事があります。

商売も、新しいスタイルではなく、意外に、古くからのスタイルの方が愛される事もあります。

新しさばかり追うよりも、古い物をもう一度見直す事も良い事じゃないでしょうかね。

a3abe25a-7297-4297-a13a-f9872461b008

images

13615d6243b146b82c08274d49ed467d_400

P_20180610_105927_BF

images (1)

images (12)

images (5)

images (3)

images (4)

images (6)

images (11)

images (9)

 

完成されたデザイン。かっこいいです。こだわる男のメガネです。

ついつい、図々しく、紛れ込ませてみました…。

 

関心をもつ

私は、環境衛生に従事する者です。

だから、あらゆる環境問題を多く勉強します。当たり前の事ですが…。

日本の新聞とマスコミは、正直くだらない政治批判を繰り返し、ひょっとしたらゴシップじゃないかと思えるような、疑わしい記事まで掲載するばかりで、真剣に世の中に対し発信していかなければならない情報が全く得られません…。特に、残念ながら地元の新聞紙は見るに耐えれません…。地元の新聞しか見ないと、思想が偏りとても危険です…。

それにひきかえ、世界の国際ニュースを見ると、もっと大きな様々な問題が掲載されており、目が釘付けになります。

本題に入りますが、AFPのニュースからです。フィリピンの首都マニラのスラム街を流れる川は、今、廃棄物に汚染されており、大変な状況です。

Screenshot_2018-06-07-04-20-22_1

 

家の間を流れる川は、ゴミで水面が見えません。異常な光景です。

日本は、素晴らしい国です。地方自治体が法律の中で廃棄物の処理責任があり、貧富の差がなく、仮にスラム街であったとしても、公共サービスの一貫として廃棄物の収集を行っているからです。一般廃棄物(家庭から出るゴミ)の処理は、経済性よりも確実な履行が必要だと法律でうたわれています。その結果が、きれいな日本です。一般廃棄物の処理は、きれいな環境を維持する為にとても重要です。逆に劣悪な環境は、病気につながるだけではなく、生態系まで変化してしまいます。生態系の変化は、巡り巡って、人にも大きな影響をおよぼします。

こういった環境に関する問題に、もっともっと関心をもたなければならない気がします。

日本には、フィリピンの人が多く仕事に来ています。特に介護関係で働く女性は多く、これからの日本を支えてくれる大切なパートナーです。これから日本は少子高齢化による急激な人口減少で、世界の各国からの働く人を集めなければ、今の経済水準、生活水準は維持が困難です。フィリピンをはじめとした、日本に来てくれている人の国が抱える問題も自国同様に関心を持って取り組む必要もある気がします。

大手の企業は、これから日本で多くの外国の人を労働者として迎え入れなければなりません。日本が人口減少し経済的に困窮する前に、企業の内部留保を将来のパートナーである外国の支援に使いパートナー国でのイメージアップこそ必要じゃないかなと思います。自分の国を綺麗にしてくれる企業の為なら、海を渡って、働きに来てくれるはずです。

Screenshot_2018-06-07-04-20-44_1

 

犬は、この光景をどう思っているのでしょうか?

人間の存在は、他の生物から見れば、地球を破壊するガンです…。

自分たちさえ良ければ良い…。そんな考えで、あと何年、私達の親である地球は持ちこたえれるのでしょうか…。

似合わない男

今朝は、豊橋にある賀茂神社に、日本の平和、家内安全、社内安全を感謝してきました。

P_20180603_054257

 

この賀茂神社は、徳川家康と縁があり、賀茂神社は「必勝祈願」「立身出世」のご利益があると言われております。

徳川家康も、400年前に、私と同じ場所に立っていたとか考えると、神社めぐりは楽しいです。神社には、日本の歴史が残っています。

賀茂神社ですが、しょうぶ園があり、今、ハナショウブが見頃です。

P_20180603_053626

P_20180603_053621

とてもキレイでした。

自分で言うのも何ですが、私は花とか、全く似合いません…。

が、たまには、花もいいもんですね。

花が似合うかっこいい男になりたかった…。なんて、女々しい事は言いません。

女々しいって、この時勢だと、女性に対する差別用語になりかねないですね。

 

男らしいと女々しいを比較しては駄目ですが、男である以上は、男らしい生き方をしたいです。最近、女々しい男性が多い気がします。男たる者、かくあるべし。いざというときは、大切な物を守るために、拳を振り挙げるくらいの気持ちがないといけない気がします。

イメージ

まず、人を判断する時、相手の見た目等から、勝手に、おそらくこういう一人だろうなと、自分で推測します。

それが、イメージです。

頭の中で、思い描いている図が、イメージです。

今日、気づかされました…。

本当の経営者は、外見が仮に怪しくても、中身は非常にしっかりしているのだと。

ある意味、能ある鷹は爪を隠す、なのです。

自分の勝手なイメージで、相手の能力を見誤ると、とても大きな失敗をします。

この失敗は、自分が成功し、自信がある程、相手の事を格下だと勝手に判断しがちです。

虎は、一匹でも、虎です。

普通の人は、虎と対峙したとき、おそらく震えて何もできません。

外見や、わざと装っている言動に、惑わされて、相手が虎だと言うことに気づかないと、虎が本来の力を発揮した時には、太刀打ちできません。

世の中には、ひっそりとそういう虎のような人が存在することを、久しぶりに感じました。

話を突然かえますが、本日、私の指導監督が不行き届きにて、事故を起こしました。深くお詫び申し上げます。

安全第一!!安全第一!!仕事は何よりも、安全第一である必要があります。

事故が起きるということは、社長である、私の気の緩みの責任です。

事故を起こさない体制づくりはとても大切だと思います。

ジップライン

Screenshot_2018-05-29-02-34-24_1

 

ジップラインというと、上の写真のように、アクティビティで楽しむイメージがあります。

ジップラインとは、木と木の間に吊るしたワイヤーを滑車で移動する事を言います。

そんな、アクティビティのイメージと裏腹に、世界にはありえない光景があります。

Screenshot_2018-05-29-02-31-27_1

 

中国のある集落では、大きな川に橋がかかっておらず、ジップラインを使って街まで行く必要があるそうです。

子どもを連れて危険だな?と思いますが、ボートで渡るよりも、安全らしいです。

お母さんは、2ヶ月に一度、川を渡り、薬を街に買いに行くそうです。

おそらくこの集落は、かなりの過疎地であり、ここにお金を費やし、橋を整備するという事はないのだと思います。住民は仕方なく、ジップラインを頼らざるを得ないのでしょう。

ジップラインを使って川を移動する集落、私としては、この集落の方々がどのような生活を送っているのか知りたいです。

日本においても、少子高齢化の為、何年かすると、限界集落というものが危惧されます。あまりに、人口が少なくなると、商売というのは成り立ちません。不効率で採算が合わなくなるからです。

下水道に関しても、同様に、これから少子高齢化を迎え、人口が減っていくと、維持管理も難しく、不効率な為、最近は新たな整備を見合わせる自治体が全国的に増えてきました。

浄化槽の出番です。

と、言いたいところですが、最近、少し過疎地域で見ると問題が置き始めております。

弊社と同業のバキュームカーを使う会社が過疎地においては、採算があわなく、廃業や撤退をされてしまう地域も残念ながら出てきてしまいました。

これは、バキュームカーの仕事に限らず、ガソリンスタンドであったり、飲食店であったり、コンビニであったり、床屋、服屋、薬局、医者等も同様に不採算であれば商売は成り立ちません。ひょっとしたら、警察、消防、役所の機能も単独行政では維持が困難になるかも知れません。

一宮市では、想像できませんが、日本の急激に人口が減っている過疎地では深刻に、これからの将来を危惧しているのではないでしょうか?

少し前に、ドローンを使って、離島に薬を運ぶ実証実験がありました。

Screenshot_2018-05-29-03-03-45_1

 

クロネコヤマトは、ロボネコヤマトという、無人配達車の実証実験をしました。

images_1

今、実証実験が行われており、こんな物が果たして必要なのか?と思われるような物でも、将来の少子高齢化による過疎地域の生活を救う為には大切な事です。

その将来は、思ったより早く到来する気がします。

AI(人工知能)や、ロボットは人の雇用を奪うとも言われますが、この技術が将来の日本を救うのではないでしょうか?

極端な言い方をすると、もっとすごい将来には、バキュームカーが無人で走り、ロボットで汲み取りをする時代が来るかも知れません。

けど、内心は、なんか嫌な気もします…。引きこもりになりそうです…。

しかし、目下に迫る2040年問題、このまま行くと、高齢者の介護を補うためには、国民の5人に1人が介護関係の職につかなければ、高齢者の介護をカバーできないと言われております…。この国は、本当に、真剣にいろいろな事を考えなければならない時代を迎えようとしています。

子どもたちの明るい未来の為に、今の大人は、何をすべきなのでしょうかね。

たつやさん。

つい先日、ちょっとした理由があり、他の市町村の同業者と一緒にお仕事しました。

DSC_0028

 

グリーンメタリックカラーでメッキパーツを多用したバキュームカーはとてもかっこいいなと思いました。

知ってる顔の社員の方も見え、みんなが、たつやさん!と読んでくれます。

同業者であっても、ライバルではなく、こういった関係はとてもいいです。

私達の仕事、一般廃棄物に関わる仕事は、本来、競争があってはいけません。法律にも、明文化されており、委託金額は、遂行しうる額である事となっております。

一般廃棄物においては、経済性よりも、確実な業務の遂行が一番大切な事です。

同業者が、競争をしあい、お互いに疲弊し、仕事ができなくなった時、街は、汚物で溢れます。

そうならないように、国は、法律で、経済性よりも、確実な業務の遂行が必要だと、一般廃棄物に関しては、はっきりと言っております。

私が、同業者から、たつやさんと、優しく声をかけていてだけるのも、ライバルではないからです。

ともに、地域の環境を良くするという目的の為に、汗水流している仲間だからです。

環境省の通知(環廃対発第1410081号 平成26年 10月8日)でも、一般廃棄物についてこのような通知が出されております。

「受託料が受託業務を遂行するに足りる額であること」が定められており、経済性の確保等の要請ではなく、業務の確実な履行を求める基準であることに留意が必要であると記載されております。また、既存業者が安定して継続的に経営ができるようにすることの必要性に関しても記載されております。

 

 

競争社会では、ありますが、競争に適さない物も存在します。国がわざわざ通知を出し、競争より業務の履行を優先しなさいと明文化している一般廃棄物の業務は、間違いなく競争に適さないものです。

 

人が動くということ

勤務時間中に人が動くという事は、正直、お金がかかります。

現在の世の中では、この当たり前の事が、軽視されている気がします。

何でも、安く。安くならいいですが、タダで済ませようとする…。

勤務中に人を動かすという事は、本来なら、そこに費用が発生します。

ここをコストだと思うと、コスト削減の為に、ロボット化やAI化が加速します。

また、通信販売に置き換わり、実店舗での販売が難しくなります。

通信販売は、商品を梱包状態のままで発送し、お客さんの手元に届きます。

実店舗は、商品を梱包から出し、キレイに並べ、そしてお客さんからの質問に応じて答え、購入時にはレジで生産します。お客さんが行き来出来る通路があり、お客さんが車を止める駐車スペースがあります。

通信販売と違い、実店舗は人が多く動いています。人だけではなく、店舗を運営する固定資産や電気代もかかります。

そこにかかる人の人件費等が商品の仕入れ額に加算されて商品の販売価格が決まります。

実店舗が通販と同じ価格で販売するという事は、そこに携わる人にただ働きをしろと言うことです。

よく考えれば当たり前にわかる事ですが、通信販売の方がこんなに安いのに、実店舗に対してこんなに高く売るのはサギじゃないかと言われる人が見えます。

私は、社員にただ働きを指示する事は、できません。

日々の業務、そして商品を安易に、値引きという選択肢はありません。

値引きどころか、付加価値をつけて、さらに値上げもしなければならないと考えています。

これが、正しいかどうかは、実はよく分かりません…。

商売をするのが、難しい時代だなと真剣に思います…。